ぺちゃくちゃシアター

映画やバラエティ番組(主にイッテQ)の感想や考察のブログです!

#4 デッドプールの評価と感想~愛する人のために戦う悲劇の最低ヒーロー~

みなさんこんにちは、ねごぽんです。

 

ここのところ急に気温が下がってきましたが、みなさん風邪引いたりしてないですか?

僕は風邪引きました!👍

 

エンドレス鼻水です👍

 

みなさんは気を付けてくださいね!

 

さて、今回の映画は「デッドプール」です!

 

この映画前々から気になっていたんですけど、どういう映画なのか全く分かっていませんでした。

 

デッドプールというキャラクターはX-MENに出てきてたんですね。

 

X-MENも見たことなかったので、まずX-MEN見ておけばよかったとちょっと後悔しました。

 

とはいえストーリー自体はX-MENを見ていなくても大丈夫な内容なので、僕と同じようにまだX-MENを見ていない人でも楽しめると思います!

 

ただ、R-15指定映画なので少し刺激が強いです!

 

評価

【評価】

 ★★★☆☆

まあまあの3つ星です。

話としては分かりやすくてすんなり見れます。

おちゃらけすぎだし簡単に人殺すし、最低なヒーローだけど、愛した人のために懸命に戦う姿がかっこいいというギャップにやられて応援したくなる。そんな愛すべきキャラクターが最高です。

 

【良い点】

  • 高い身体能力のアクションがかっこいい
  • 目的に向かって全力疾走な姿がかっこいい
  • 垣間見える主人公ウェイドの優しさがかっこいい

 

【悪い点】

  • デッドプールがなぜあんな身体になってしまったのか。その理由を説明するのに映画の半分を使ってしまったのは少しもったいなかった
  • 最後の戦いが少し物足りない感じ

 

あらすじ

トラブル解決で生活費を稼ぐ元傭兵のウェイドは、ある日バーでヴァネッサと出会う。

二人は恋に落ち、結婚を約束していたが、突然ウェイドが病に倒れ、末期ガンと診断される。

ヴァネッサのためにも病気を治したいウェイドは、人体実験の被験者となることを条件にガン治療を受けることを決めた。

しかしその実験は拷問によってDNAに隠されたミュータント遺伝子を活性化させるものだった。

度重なる拷問の結果ウェイドはミュータント化し、ガンを克服しただけでなく不死身の肉体を手に入れたが、全身に火傷のような跡が残ってしまう。

醜い見た目となってしまい周りからも怪物だと揶揄され、病気を治したもののこれではヴァネッサにも怖がられてしまう。

そう思ったウェイドは、自分を拷問した施設の長であるフランシスを探しだし、顔を元に戻させようと奮闘する。

フランシスはヴァネッサを人質にとって対抗するが、ウェイドは激怒し、フランシスを追い詰めるも、「顔を元通りにする方法などない」と言われてしまう。

フランシスを射殺することで報復はしたが、顔は戻らないまま。

結局ウェイドはヴァネッサに素顔を見せることになるが、ヴァネッサはそれを受け入れ、二人は再び結ばれることとなる。

 

感想

R-15指定映画なだけあって少し刺激が強かったですね!

すごい勢いで人を斬ったり、アダルティーなシーンもありました。

彼女と一緒に見たら気まずくなりそうです(笑)

ちょっとグロかったですが、デッドプールの明るいキャラクターもあってポップな作りになっているので意外と受け入れられました。

 

あと、僕はX-MENを見たことがなかったので、ウェイドと共に戦っていたあの鉄みたいな身体のおじさんと坊主頭の女の子が何者なのか気になって仕方ないです(笑)

 

デッドプール2を見た後はX-MENを見ようと思います!

 

あー、でもシュワちゃんプレデターも見たいし、見たい映画がありすぎてパニックです(笑)

 

-------------------

ストーリーとしてはとても分かりやすくて良かったですね。

敵と味方がはっきりしているというか、ある意味王道な感じ。

王道なんだけどキャラクターがぶっ飛んでいたり、えぐいシーンが多い割にポップな印象を与えられたりで新鮮な気持ちで見れました。

 

-------------------

 ウェイドのキャラクターもとても魅力的でした。

トラブル解決人としての手腕は恐ろしく乱暴で、脅迫と暴力で相手を黙らせる荒々しさがありますが、あくまでも弱者を守るために戦っていたのがウェイドの優しさを表していました。

一番印象的だったのは、末期ガンと宣告されたときに

病気で死ぬことで一番かわいそうなのは本人ではなく残された人だ

というようなことを言ったシーンですね。

 

たしかにそうだなと思います。

 

「もし今自分が死んだら家族はどうなってしまうんだろう」

恐ろしくて考えたくもないですね。

 

でもウェイドは愛するヴァネッサのために逃げずに戦うことを決めます。

 

かっこいいですねぇ~

 

自分以外の誰かのためにがんばれるというのは本当にかっこいい生き方だと思います。

 

-------------------

ウェイドとフランシスの最後の戦いはもう少し見ごたえが欲しかったです。

思いのほかあっさりフランシスやられちゃったし。

これまでに作り出してきたミュータント軍団を率いて襲ってくるとか、そういう展開があっても良いのかなと。

 

まとめ

・「デッドプール」の評価

  ★★★☆☆

X-MENを見てなくてもストーリーは理解できます。

・R-15指定でちょっとえぐいけどキャラクターが明るいのでポップに受け入れられる。

・グロいの苦手な人は見るときには心構えをしておきましょう。

・総じて面白かった。デッドプール2も見たくなりました。

 ・X-MENも見たくなりました。

 

最後に、

全然映画と関係ないですけど、先日シアタールーム用にプロジェクター(安物)を買い、今回初めて使ってみました!

値段の割に解像度も申し分ないし、大満足です(*^▽^*)

そのうちブログでちゃんと紹介しますね

とにかくこれで僕の映画ライフももっと充実します( `ー´)ノ

 

 

以上、ねごぽんでした。